2017年05月20日

カンボジアNEW’S

最新NEWSはメールマガジンにご登録ください。
是非、下記メールマガジンにご登録ください。(無料です)
カンボジア他周辺諸国の最新ニュースを配信させていただきます。
 
<カンボジアこぼれ話> (ほぼ週刊・非定期)
http://www.mag2.com/m/0001140911.html


<経済の夜明け~カンボジアと周辺諸国>(ほぼ月間・非定期)
http://www.mag2.com/m/0000282273.html


第2回カンボジア視察ツアー報告
昨日、第2回のカンボジア視察ツアーから帰国いたしました。
今回もお忙しい中、篠原駐カンボジア王国大使に貴重なお時間を割いていただき、いろいろな助言を頂戴しました。
また、カンボジア政府高官方との交流を含め、参加者の皆さんにとっても盛りだくさんの有意義な視察ができたのではないかと自負しております。
現在のカンボジアは、韓国・中国などの超大規模な進出による諸問題がありながらも、目を瞠るような活気をみせています。
首都プノンペンにおいては、大規模な市街地拡張が始まっており、地価の上昇、インフラ整備の進捗、自動車数の増大など進化と今後の課題が混在しています。
殊 に、地価についてはこの半年で異常な上昇を見せ、日本のバブル期のような様相を見せています。課題であると同時に進出の好機であることは間違いありませ ん。現地では、中国・韓国企業の信用度はあまり高くなく、カンボジア政府高官からも日本からの企業進出を望む声が多く寄せられています。日本の企業が開発 主導しているPPSEZ(プノンペン特別経済特区)においても、基本的なインフラ整備から着手していることに高い評価を得ています。
アンコール遺跡のあるシェムレアプでも、観光客数の増大に伴い、ホテルやレストラン、店舗の建設ラッシュが続き、非常な活況を呈しています。
このような現地の情報を、「カンボジアの現況」として新着NEWSにアップして行きたいと思っております。よろしくお願い申し上げます。

仏教暦のため、2008年のカンボジアのお正月は4月13日からです。
役所や会社もだいたい13日から16日までお休みをとっているところが多いようです。
またカンボジアは4月から雨期に入る5月末までが最も暑い時期です。
皆様を現地にご案内するには今はちょっと暑いかも。



プノンペン市内では朝夕の出勤退勤時の渋滞が日常化しています。
 

 昼間の市場前も大渋滞です。 
 

 新しく完成したカナディアンバンク本店です。
 

 最新発売のメコンビールです。


次回視察ツアーは現在日程未定ですが、視察等ご希望お問合せください。
詳細はメールもしくは、090-3944-4114 松井まで お問い合わせください。